You are here

トラベルノート

メイド・イン・ハワイ に酔いしれる

写真提供:MANULELE DISTILLERS

美しい土地にはおいしい食材があり、おいしい食材があればおいしい酒がある。地上の楽園ハワイにも、地元食材を活かした美酒が数多くあります。クラフトビールは言うまでもなく、ワインやラム、そして日本伝統の製法に則って造られる焼酎などバラエティ豊か。造り手のもとに足を運び、その熱き思いを感じれば、お酒もより一層おいしく感じられるもの。ハワイの日差しの下、ロコ気分で酔いしれてみてはいかがでしょう。

ハワイを代表する地ビールの物語を聞き、知り、味わう

写真提供:Kona Brewing Co.

ハワイNO.1クラフトビールと言えば「コナビール」。ハワイらしいラベルもお土産に人気で、バケーション中に何度も目にした方もいるのではないでしょうか。その本拠地が、ハワイ島コナにある「コナ・ブリューイング・カンパニー(英語)」です。

写真提供:Kona Brewing Co.

こちらのブリュワリーでは、コナビールができあがるまでの過程を知るとともに、実際にできたばかりの生ビールが試飲できます。ビールを熟知したガイドの説明を受けながら、ブリュワリー内を巡りましょう。見学後の試飲では、限られたレストランでしか味わうことができない、生ビール限定の貴重な銘柄を試すことができます。好みの味を見つけた後は、レストラン「コナ・ブリューイング・パブ」で、コナビールのために考案された料理とのマリアージュをお楽しみください。工場ツアーは事前予約が必要です。詳しくは公式サイト(英語)をご覧ください。

ジュエリーのような佇まい。気品あふれる幻のラム酒

写真提供:MANULELE DISTILLERS

オアフ島生まれのサトウキビから作る幻のラム酒。その名も「コハナ」。一流レストランなどでしかお目にかかれなかったコハナが、コハナ・ハワイアン・アグリコール・ラム マヌレレ蒸留所(英語)内にある直売所で購入できるようになりました。蒸留所の裏手には、広大な田園風景。ラム酒に使用するサトウキビもこちらで作られています。

写真提供:MANULELE DISTILLERS

蒸留所を訪れた際は、ぜひラム酒試飲ツアーにご参加を。コハナができるまでの貴重な話を聞いた後にいただくお酒は、おいしさも格別です。妖艶なフォルム、スタイリッシュなラベル。インテリアとして飾っておきたいほど美しいボトルも人気の理由の1つ。大切な人への贈り物に、自分へのご褒美に手に取ってみてはいかがでしょう。

ハワイ島生まれのブドウで仕込む「ボルケーノ・ワイナリー」

写真提供:Volcano Winery

ハワイ火山国立公園の近くに佇む、ハワイ島唯一のワイナリー「ボルケーノ・ワイナリー(英語)」。ワイナリーの前には青々と茂る自家農園のブドウ畑があり、ここで大切に育てたブドウからボルケーノ・ワインは生まれています。

写真提供:Volcano Winery

パシフィック・リム・インターナショナル・ワイン・コンペティション2007で銀賞を受賞した「ハワイアン・グァバ」、「マカダミアナッツ・ハニー・ワイン」など、名前を聞くだけでも心躍るラインナップ。こうしたワイナリーの中には試飲ができるバーカウンターも設置されています。スタッフの説明を受けながら、じっくりとその舌で味を確かめてみてください。お気に入りが見つかれば、その場で購入することも可能です。

ハワイの恵みと日本の伝統技術が融合した本格芋焼酎

写真提供:Photo by Pakkai YIM

2013年に誕生した、ハワイ初となる芋焼酎「波花」。ノースショアで誕生し、ロコの間でも人気を集めている完売必至の芋焼酎です。この幻とも言える芋焼酎を生み出したのが、ハワイアン焼酎カンパニーを営む日本人夫妻。芋焼酎の本場、鹿児島県の焼酎蔵「万膳酒造」にて修業を積み、ハワイへ渡航。試行錯誤の末、ハワイオリジナルの芋焼酎が完成したのです。

写真提供:ハワイアン焼酎カンパニー

ノースショア産やモロカイ島産、ハワイ島産など、季節ごとに使用する芋が変わるため、出荷ごとに異なる風味が楽しめます。ハレイワの焼酎蔵での事前予約販売の他、ハワイ「すし匠」など、現地の限られたレストランでのみ味わうことができます。

今回ご紹介した各生産拠点のツアーは「ハワイアン焼酎カンパニー」のものを除いて、全て英語のみとなります。しかし、英語に自信がなくても、ツアー中に楽しめるのは世界共通言語であるお酒です。きっと素敵な時間が過ごせることでしょう。
ハワイを楽しむ新たなアクティビティの1つとして、ぜひ一度体験してみてください。

コメントポリシー

本サイトは旅行の素晴らしさを共有する場所です。皆様の思い出やお役立ち情報、そして旅行への愛をシェアしませんか。他のクラブメンバー様の興味を引く 、素敵な情報を発信しましょう。皆様の貴重なコメントに心から感謝いたします。なお、クラブ・トラベラーのコメントポリシーについてのご質問は feedback@clubtravelerjapan.com までご連絡ください。皆様の素敵なバケーションを、心より願っております。